メニュー
Website of NANKO Kazuki (南光 一樹)
トップニュース

現在の所属・職名

国立研究開発法人森林研究・整備機構 森林総合研究所 森林防災研究領域
主任研究員 ●website

簡単な研究紹介

研究分野: エコメカニクス、測器開発

力学の手法と測器開発を通して、生態系と環境との相互作用の解明を目指しています。
森林、雨、風、土を対象に、主に3つの分野で研究しています。

森林水文学
森林に降った雨が、葉・枝・幹をどう濡らして、どのように通過していくのか?
キーワード: 雨滴、林内雨、樹冠遮断

樹木力学
風・雪・津波などに対して、森林がどのような力を受けて変形・破壊し、どのように減衰させることで減災機能を発揮するのか?
キーワード: 植物バイオメカニクス、樹木の揺れ・折れ・倒伏、風害、樹形

山地保全学
生態系の基盤である土壌がどのように蓄積し、どのように失われるのか?
キーワード: 土壌侵食、海岸飛砂

雨滴の大きさや速さの測定を通して、様々な降水プロセスについて研究しています
  • 雨滴粒径分布や雨滴速度を測定できる、レーザー雨滴計 を製作しています
  • 国内外の様々な場所で降水や雨滴を測定し、雨雪判別や林内雨に特有の雨滴成分の検出などを行っています
クロマツdripマツ葉に集まる水滴(東京都千代田区・皇居) クロマツ植栽海岸林再生に向けたクロマツ植栽(青森県)
土ばかま実生下部の土ばかま(茨城県かすみがうら市) 砂草帯海岸の砂草帯(石川県)

詳細は、プロフィール研究内容 を参照

特記

2022-08-30 書籍『森林水文学入門』

Forest-Water朝倉書店から、森林水文学の教科書が出版されました。第6章の「降水配分」の執筆を担当しました。

website

2020-02-06 書籍『Forest-Water Interactions』

Forest-WaterSpringer社から、森林と水の関係についてまとめた書籍が出版されました。

全24章、16カ国からの77名で執筆しています。共同編集者をやりつつ、一つの章を執筆しました。

website

2022-03-24 コズミックフロント

NHK BS「コズミックフロント」の『アマゾンの“空飛ぶ川” 見えてきた地球規模の水循環』が放送されました。この番組に取材協力し、インタビュー出演しました。

ニュース、主要な出張など(直近3ヶ月程度)

2024-04-19 ▼春の森林講座

presen令和6年度科学技術週間 森林総合研究所一般公開「春の森林講座」にて、「森が変える雨の特徴 ―森に寄り道した雨の旅日記―」という講演をしました。楽しく講演できました。アンケートで悪評もなく安心しました。話の中で笑いどころもそこそこ作れたので、良かったかと思います。良い機会を頂けて嬉しかったです。

2024-04-15 ▼電中研に訪問

presen中部電力との共同研究の絡みで、電力中央研究所(大手町地区)を訪問しました。大手町ビルの中に研究所を構えていて、さすが電力会社、と圧倒されました。

2024-04-15 ▼高知工科大学に訪問

obs降水観測研究の議論をするため、高知工科大を初訪問しました。観測サイトの見学、測器開発の相談、セミナー「雨滴の観点からの雨の把握」をやりました。キャンパスが美しく、建物も異国感があって、日本ぽくない雰囲気が面白かったです。のんびりした雰囲気があり、研究に集中するには良い場所に見えました。

2024-03-27 ▼研究会「樹木のメカニクスとその周辺」

presen@東大農学部。和田先生のつながりで樹木や植生のメカニクスの研究者の交流会を開いてもらいました。理学部物理のバックグラウンドからの樹木メカニクスの組み立て方や作物学での機器開発など、自分とは違う角度からの研究アプローチが面白く、刺激的な1日でした。植物バイオメカニクスの分野を広げていきたいですね。

2024-03-12 ★論文公開

共著論文が「Computers and Electronics in Agriculture」誌に公開されました。

  • Iwasaki et al. Remote sensing of soil ridge height to visualize windbreak effectiveness in wind erosion control: A strategy for sustainable agriculture. ●website
2024-03-08/10 ▼第135回日本森林学会大会

@東京農業大学・東京。5年ぶりのオンサイト開催。公募セッションのコーディネータを担当し、環境IoTモニタリングシステムについて発表しました。たくさんの仲間や新たな若い研究者と交流ができた、実り多い学会でした。


以前の情報は、活動履歴 を参照

© 2005 Website of NANKO Kazuki