メニュー

研究業績(発表)

最終更新:2022.10.03
invited

招待講演・依頼講演・基調講演 - Invited or keynote lectures and talks

学会、シンポジウム、講演会
  • 全12件|
  • [2022.06.17] Nanko, K. Canopy water flowpath suggested from raindrop measurements. Special Seminar of Soil Erosion in Forested Area (Shiiba Research Forest, Miyazaki, Japan)
  • [2022.03.28] 南光一樹・山田祐介・山浦悠一. 茨城県北部における森林の表土保持機能の戦後の変遷 ―拡大造林から成熟へ―. 第133回日本森林学会大会, S2-5 (オンライン, 日本)
  • [2022.03.17] 南光一樹. 雨が降ると樹木はどうやって濡れていくのか? 第69回日本生態学会大会, W04-1 (ハイブリッド(福岡国際会議場), 福岡県福岡市)
  • [2020.12.07] 南光一樹. 雨滴測定に基づく森林内で土壌侵食が起こる仕組みの解明. 新潟大学災害・復興科学研究所&森林総合研究所連携協定締結記念シンポジウム「山地の自然災害と森林科学~最新研究の動向~」 (アートホテル新潟駅前, 新潟県新潟市)
  • [2019.10.26] 南光一樹. 雨滴測定から見えてくる葉や枝での雨の振る舞い. 2019年度土壌物理学会大会 第61回シンポジウム「土壌・水環境のサステナビリティとコロイド界面現象」, 6-7 (筑波産学連携支援センターつくば農林ホール, 茨城県つくば市)
  • [2019.04.12] Carlyle-Moses, D.E., Iida, S., Germer, S., Llorens, P., Michalzike, B., Nanko, K., Tischere, A., Levia, D.F. Stand-scale metrics for expressing stemflow commensurate with its ecohydrological importance. EGU General Assembly 2019, EGU2019-1855 (Austria Center Vienna, Vienna, Austria)
  • [2018.10.16] 南光一樹. 森林に降る雨の旅路を科学する. 平成30年度森林総合研究所公開講演会「水を育む森林」 (ヤクルトホール, 東京都港区)
  • [2018.03.28] 南光一樹. 日本語の卒論を英語の投稿論文に仕立てた経験談. 第129回日本森林学会大会 (高知大学, 高知県高知市)
  • [2016.05.10] Nanko, K., Levia, D.F. Relationship between foliage wettability and throughfall drop size. Plant Trait Workshop, Interdisciplinary German-Japanese Symposium, iJaDe2016, 17-18 (Technische Universität Dresden, Dresden, Germany)
  • [2016.05.10] Nanko, K. Simulation of dynamic tree sway based on physical vibration theory. Plant Trait Workshop, Interdisciplinary German-Japanese Symposium, iJaDe2016, 18 (Technische Universität Dresden, Dresden, Germany)
  • [2016.03.27] 南光一樹. Physical interpretation of the difference in drop size distributions of leaf drips among tree species. 日本森林学会奨励賞受賞者講演, 61 (日本大学, 神奈川県藤沢市)
  • [2016.03.24] 南光一樹. 振動理論を介した樹木動揺シミュレーション. 第63回日本生態学会大会, W29-5 (仙台国際センター, 宮城県仙台市)
講義、セミナー
  • 全13件|
  • [2021.11.17] Nanko, K. Interactions between “trees” and “rain and wind”. Geographical Colloquium at RWTH (Online, Germany)
  • [2020.10.01] 南光一樹. 雨・風と樹木の相互作用. 東京大学森林科学セミナー (オンライン, 日本)
  • [2019.09.03] Nanko, K. Lecture on raindrop and disdrometer. Raindrop and disdrometer workshop (University of Hawaiʻi at Mānoa, Honolulu, HI, USA)
  • [2019.05.16] Levia, D.F., Nanko, K. Ecohydrology of forest ecosystems: A retrospective reflection and prospectus of future work (or, what we know and where we should go). Applied Ecology Seminar (Uniwersytet Łódzki, Łódź, Poland)
  • [2019.04.25] 南光一樹. 国際共同研究強化による海外出張帰国報告会. 所内セミナー (森林総合研究所, 茨城県つくば市)
  • [2018.04.24] Kamimura, K., Nanko, K. Measurement and recording of tree movement. Tree Motion and Wind Measurement Workshop (Danish Technical University, Roskilde, Denmark)
  • [2018.02.08] 南光一樹. 勾配ブースティング決定木、深層学習、人工知能. 機械学習・データマイニング情報交換会 (森林総合研究所, 茨城県つくば市)
  • [2016.03.30] 南光一樹. 雨滴から読み解く樹木に降る雨の行方. 森林水文ワークショップ2016 (日本大学, 神奈川県藤沢市)
  • [2014.06.18] Nanko, K., Hashimoto, S., Miura, S., Kaneko, S., Levia, D.F., Hudson, S.A. Which factors determine, 1) soil organic carbon stock, and 2) throughfall drop size?: Introduction of a recent multifactorial analysis, boosted regression trees (BRT). 173th HyARC seminar (Nagoya University, Nagoya, Japan)
  • [2013.09.20] Nanko, K. Process of Throughfall Raindrop Generation and Its Impact to Forest Ecosystem Services. Department of Geology Seminar Series (University of Delaware, Newark, DE, USA)
  • [2013.05.01] Nanko, K. Process of throughfall drop generation in forest canopies. 流域水文生態系管理学セミナー (東京農工大学, 東京都府中市)
  • [2013.01.28] 南光一樹. 立地条件から見た森林における不均一な空間分布―ミクロな雨滴侵食からマクロな炭素蓄積まで―. 森林科学セミナー (九州大学, 福岡県福岡市)
  • [2007.06.07] 南光一樹. 樹冠における林内雨滴の形成メカニズムに関する研究. 立地環境セミナー (森林総合研究所, 茨城県つくば市)
top

学会発表(代表) - Presentation as a first author

  • 全59件|
  • [2022.09.05] 南光一樹・Keim Richard・Hudson Sean・Levia Delphis. 林内外の雨滴粒径分布の違いを活用した樹冠内の雨水流路の推定. 水文・水資源学会/日本水文科学会2022年度研究発表会, PP-2-24 (京都大学宇治おうばくプラザ, 京都府宇治市), ポスター
  • [2022.06.26] Nanko, K. Forest, as a modulator of rain and wind. 10th Japanese-French Frontiers of Science (JFFoS) Symposium, 20 (Kyoto Brighton Hotel, Kyoto, Japan), Poster
  • [2021.04.27] Nanko, K., Tanaka, N., Leuchner, M., Levia, D.F. Variability of throughfall erosivity among crown positions in a teak plantation based on raindrop measurements and throughfall partitioning. EGU General Assembly 2021, EGU21-994 (Online, Austria), PICO
  • [2021.03.19] 南光一樹・新田響平・篠原慶規・岩﨑健太・水永博己. 風由来の環境ストレスを踏まえた20年生海岸クロマツの樹高成長履歴. 第132回日本森林学会大会, P-322 (オンライン, 日本), ポスター
  • [2021.02.15] Nanko, K., Levia, D.F., Seitz, S. Sustaining the soil: management strategies of forest-water interactions to protect forest soils. 6th IAHR Europe Congress, 770-771 (Online, Warsaw, Poland), Oral
  • [2020.03.29] 南光一樹・田中延亮・Michael Leuchner・Delphis F. Levia. 樹冠通過雨の成分分離とそれに基づく雨滴衝撃エネルギーの空間的なばらつき. 第131回日本森林学会大会, J17 (名古屋大学, 愛知県名古屋市), 要旨
  • [2019.12.13] Nanko, K., Levia, D.F., Iida, S., Sun, X., Shinohara, Y., Sakai, N. Effect of tree species, leaf states, and rainfall intensity on throughfall generation and throughfall partitioning by use of a large-scale rainfall simulator. AGU Fall Meeting 2019, H53M-1968 (Moscone Center, San Francisco, CA, USA), Poster
  • [2019.10.02] Nanko, K. Interactions among forest canopy, raindrop, wind, and soil. Tsukuba Conference 2019, 5 (Tsukuba International Congress Center, Tsukuba, Japan), Poster
  • [2019.03.22] 南光一樹・勝島隆史・鈴木覚・坂本知己. 日本の海岸における飛砂量全国マッピングに向けた予測手法の開発. 第130回日本森林学会大会, P2-185 (朱鷺メッセ, 新潟県新潟市), ポスター
  • [2018.12.11] Nanko, K., Carlyle-Moses, D.E., Iida, S., Germer, S., Llorens, P., Michalzike, B., Tischere, A., Levia, D.F. Righting a wrong: Expressing stemflow commensurate with its ecohydrological importance. 2018 AGU Fall Meeting, H21L-1831 (Walter E. Washington Convention Center, Washington, D.C., USA), Poster
  • [2018.12.10] Nanko, K., Tanaka, N., Leuchner, M., Levia, D.F. Effect of throughfall type on drop size distribution and soil erosion potential in a teak plantation in northern Thailand. 2018 AGU Fall Meeting, B13I-2244 (Walter E. Washington Convention Center, Washington, D.C., USA), Poster
  • [2018.04.13] Nanko, K., Levia, D.F., Iida, S., Sun, X., Shinohara, Y., Sakai, N. Importance of the canopy wet-up phase for throughfall drop generation revealed by use of a large-scale rainfall simulator. EGU General Assembly 2018, EGU2018-5598 (Austria Center Vienna, Vienna, Austria), Poster
  • [2018.04.09] Nanko, K., Shinohara, Y., Ichinose, K., Morimoto, M., Kubota, T. Influential factors on erosivity of throughfall drops in Japanese cypress plantations. EGU General Assembly 2018, EGU2018-3203 (Austria Center Vienna, Vienna, Austria), PICO
  • [2018.04.09] Nanko, K., Katsushima, T., Suzuki, S., Sakamoto, T. Prediction of wind-blown sand transport on different beach throughout Japan. EGU General Assembly 2018, EGU2018-11871 (Austria Center Vienna, Vienna, Austria), Poster
  • [2018.03.27] 南光一樹・鈴木覚・勝島隆史・南野亮子・上村佳奈・水永博己. アロメトリーに基づく樹木生成を通したヒノキの耐風性の経年変化の推定. 第129回日本森林学会大会, T6-1 (高知大学, 高知県高知市), 口頭
  • [2017.12.15] Nanko, K., Levia, D.F., Iida, S., Sun, X., Shinohara, Y., Sakai, N. Temporal sequencing of throughfall drop generation as revealed by use of a large-scale rainfall simulator. AGU Fall Meeting 2017, H53F-1516 (Ernest N. Morial Convention Center, New Orleans, LA, USA), Oral
  • [2017.11.05] 南光一樹・勝島隆史・鈴木覚・坂本知己. 飛砂量の全国マップ作成のためのメソ数値予報モデルGPVの活用. 平成29年日本海岸林学会浜松大会, 20-21 (浜松市福祉交流センター, 静岡県浜松市), 口頭
  • [2017.07.20] Nanko, K., Suzuki, S., Katsushima, T., Minamino, R., Kamimura, K., Mizunaga, H. Estimation of tree resistance to wind damage using segmented stem and voxelized canopy from terrestrial laser scanner data. 8th International Conference on Wind and Trees, 113 (National Center for Atmospheric Research, Boulder, CO, USA), Oral
  • [2017.03.28] 南光一樹・鈴木覚・勝島隆史・南野亮子・上村佳奈・水永博己. 樹木の耐風性に及ぼす樹形や力学特性の影響についての数値実験. 第128回日本森林学会大会, G1 (鹿児島大学, 鹿児島県鹿児島市), 口頭
  • [2016.12.16] Nanko, K., Oguro, M., Miura, S., Masaki, T. Prediction of soil erosion rates in Japan where heavily forested landscape with unstable terrain. AGU Fall Meeting 2016, EP53C-0967 (Moscone Center, San Francisco, CA, USA), Poster
  • [2016.03.29] 南光一樹・鈴木覚. 幹のヤング率を組み込んだ樹木の耐風性評価. 第127回日本森林学会大会, I5 (日本大学, 神奈川県藤沢市), 口頭
  • [2015.12.15] Nanko, K., Suzuki, S., Noguchi, H., Hagino, H. Simulation of Tsunami Resistance of a Pinus thunbergii tree in Coastal Forest in Japan. AGU Fall Meeting 2015, NH23C-1905 (Moscone Center, San Francisco, CA, USA), Poster
  • [2015.12.03] Nanko, K., Suzuki, S., Noguchi, H., Hagino, H., Ogura, A., Ishida, Y., Matsumoto, H., Takimoto, H., Sakamoto, T. Simulation of tree deformation of Japanese black pine caused by temporally varied wind. 8th Plant Biomechanics International Conference, 240 (Nagoya University, Nagoya, Japan), Oral
  • [2015.09.09] 南光一樹・Sean A. HUDSON・Delphis F. LEVIA. 落葉広葉樹の着葉期と落葉期における林内雨滴形成過程の差異. 水文・水資源学会2015年度研究発表会, 36-37 (首都大学東京, 東京都八王子市), 口頭
  • [2015.03.28] 南光一樹・鈴木覚・野口宏典・萩野裕章・小倉晃・石田洋二・松元浩・滝本裕美・坂本知己. 曲げ特性を用いたクロマツ立木の変形と破壊の経時変化シミュレーション. 第126回日本森林学会大会, D01 (北海道大学, 北海道札幌市), 口頭
  • [2014.10.25] 南光一樹・鈴木覚・野口宏典・萩野裕章・小倉晃・石田洋二・松元浩・滝本裕美・坂本知己. 海岸クロマツの引き倒し及び曲げ破壊に対する抵抗特性について. 平成26年日本海岸林学会田原大会, 42-43 (田原市福祉センター, 愛知県田原市), ポスター
  • [2014.10.06] Nanko, K., Miura, S., Ugawa, S., Hashimoto, S., Osone, Y., Ishizuka, S., Sakai, Y., Tanaka, N., Takahashi, M., Kaneko, S. Detectable differences in carbon stocks of forest soils in Japan: Boosted regression tree analysis can identify stratifying factors. IUFRO World Congress 2014, 418 (Salt Palace Convention Center, Salt Lake City, UT, USA), Poster
  • [2014.03.29] 南光一樹・橋本昌司・三浦覚・石塚成宏・今矢明宏・酒井佳美・小林政広・大貫靖浩・平井敬三・田中永晴・鵜川信・金子真司. 機械学習を用いた日本の森林土壌の炭素蓄積に影響を与える環境因子解析. 第125回日本森林学会大会, P2-144 (大宮ソニックシティ, 埼玉県大宮市), ポスター
  • [2013.09.27] 南光一樹. ヒノキ人工林の林内雨運動エネルギーに対する樹高・生枝下高・樹冠長の影響. 水文・水資源学会2013年度研究発表会, 43 (神戸大学, 兵庫県神戸市), 口頭
  • [2013.04.10] Nanko, K., Ugawa, A., Takahashi, M., Morisada, K., Takeuchi, M., Matsuura, Y., Yoshinaga, S., Araki, M., Tanaka, N., Ikeda, S., Miura, S., Ishizuka, S., Kobayashi, M., Inagaki, M., Imaya, A., Hashimoto, A., Kaneko, S., the Inventory Working Group Team Carbon stocks of dead wood, litter, and soil in the forest sector in Japan estimated by the National Forest Soil Carbon Inventory. EGU General Assembly 2013, EGU2013-3666 (Austria Center Vienna, Vienna, Austria), Poster
  • [2013.04.10] Nanko, K., Onda, Y., Ito, A., Moriwaki, H. Spatial variability of throughfall and raindrops under a single canopy with different canopy structure. EGU General Assembly 2013, EGU2013-3655 (Austria Center Vienna, Vienna, Austria), Oral
  • [2013.04.10] Nanko, K., Watanabe, A., Hotta, N., Suzuki, M. Linkage between canopy water storage and drop size distributions of leaf drips. EGU General Assembly 2013, EGU2013-2705 (Austria Center Vienna, Vienna, Austria), Poster
  • [2013.03.26] 南光一樹・鵜川信・田中永晴・三浦覚・大貫靖浩・平井敬三・石塚成宏・酒井寿夫・小林政広・酒井佳美・今矢明宏・橋本昌司・金子真司. 森林の枯死木・リター・土壌の炭素蓄積量の地域分布とその決定要因. 第124回日本森林学会大会, P1-205 (岩手大学, 岩手県盛岡市), ポスター
  • [2012.03.27] 南光一樹・インベントリ作業部会. 森林吸収源インベントリ情報整備事業の全5年間の調査結果の解析(2)―堆積有機物の炭素蓄積量とその分析―. 第123回日本森林学会大会, Pa006 (宇都宮大学, 栃木県宇都宮市), ポスター
  • [2011.03.27] 南光一樹・インベントリ作業部会. 森林吸収源インベントリ情報整備事業の全国結果の解析(4) 土壌の炭素蓄積量とその分布. 第122回日本森林学会大会, Pb2-4 (静岡大学, 静岡県静岡市), 要旨
  • [2010.06.22] Nanko, K., Onda, Y., Ito, A., Suwa, S., Moriwaki, H., Fukuzono, T. Inference of water behavior in a tree canopy based on the dense measurements of throughfall rate and throughfall raindrops. 2010 Western Pacific Geophysics Meeting, H24A-02 (Taipei International Convention Center, Taipei, Taiwan), Oral
  • [2008.08.26] 南光一樹・恩田裕一・野々田稔郎・山本一清・竹中千里・平岡真合乃・五味高志. 間伐事業が森林水源涵養機能に与える影響の経済的評価手法の確立に向けて. 2008年度水文・水資源学会研究発表会, P-14 (東京大学, 東京都目黒区), ポスター
  • [2008.05.28] 南光一樹・恩田裕一・伊藤茜・伊藤俊・水垣滋・森脇寛. 林内雨の雨滴形成過程の差異が裸地化林床の表面流発生に与える影響. 日本地球惑星科学連合2008年大会, Z159-P012 (幕張メッセ, 千葉県千葉市), ポスター
  • [2008.04.16] Nanko, K., Onda, Y., Ito, A., Ito, S., Mizugaki, S., Moriwaki, H. Variability of surface runoff and infiltration rate under a tree canopy: Indoor rainfall experiment using a stand of Japanese cypress. EGU General Assembly 2008, EGU2008-A-03465 (Austria Center Vienna, Vienna, Austria), Poster
  • [2008.03.28] 南光一樹・恩田裕一・伊藤茜・水垣滋・森脇寛. 林内雨の大粒径雨滴の衝突が表面流発生に及ぼす影響. 第119回日本森林学会大会, I21 (東京農工大学, 東京都府中市), 口頭
  • [2007.12.14] Nanko, K., Onda, Y., Ito, A., Moriwaki, H. Influence of canopy thickness on throughfall amount and kinetic energy under different canopy saturation conditions: An indoor experiment with a Japanese cypress (Chamaecyparis obtusa) stand. 2007 AGU Fall Meeting, H53C-1394 (Moscone Center, San Francisco, CA, USA), Poster
  • [2007.11.10] 南光一樹・恩田裕一・伊藤茜・伊藤俊・水垣滋・森脇寛. ヒノキ単木樹冠下における表面流発生の空間不均一性. 日本地形学連合2007年秋季大会, P30 (筑波大学, 茨城県つくば市), ポスター
  • [2007.07.28] Nanko, K., Onda, Y., Ito, A., Moriwaki, H. Influence of canopy structures on generating throughfall erosivity: An experimental approach. Sustainable forestry for water resources management and flood mitigation in mountainous regions (Nagoya University, Nagoya, Japan), Poster
  • [2007.07.27] 南光一樹・恩田裕一・伊藤茜・伊藤俊・森脇寛. 雨滴衝撃エネルギー測定に基づくヒノキ樹冠下の表面流発生についての空間分布把握. 2007年度水文・水資源学会研究発表会, 63 (名古屋大学, 愛知県名古屋市), 口頭
  • [2007.05.20] 南光一樹・恩田裕一・伊藤茜・森脇寛. ヒノキ樹冠通過による降雨の侵食能の変化. 日本地球惑星科学連合2007年大会, Z164-P004 (幕張メッセ, 千葉県千葉市), ポスター
  • [2007.04.18] Nanko, K., Onda, Y., Ito, A., Moriwaki, H. Influence of canopy structures on generating throughfall erosivity: An experimental approach. EGU General Assembly 2007, EGU2007-A-05811 (Austria Center Vienna, Vienna, Austria), Poster
  • [2007.04.03] 南光一樹・恩田裕一・伊藤茜・森脇寛. 枝の切り上げが樹冠通過雨の雨量・雨滴分布に与える影響. 第118回日本森林学会大会, P2a21 (九州大学, 福岡県福岡市), ポスター
  • [2007.03.18] 南光一樹・恩田裕一・伊藤茜・森脇寛. 枝の切り上げ実験による林内雨の侵食能形成プロセス評価. 日本地形学連合2007年春季大会, P24 (京都大学, 京都府宇治市), ポスター
  • [2006.10.16] Nanko, K., Onda, Y., Ito, A., Ito, S., Moriwaki, H. Effect of canopy structures for spatial distribution of throughfall depth and raindrops with experimental approach. 3rd APHW Conference (The Grand Hotel, Bangkok, Thailand), Oral
  • [2006.08.29] 南光一樹・恩田裕一・伊藤茜・森脇寛. 林内の雨量・雨滴の分布に与える樹冠構造の影響についての実験的検討. 2006年度水文・水資源学会研究発表会, P-18 (岡山大学, 岡山県岡山市), ポスター
  • [2006.05.25] 南光一樹・恩田裕一・伊藤茜・伊藤俊・森脇寛. 林内雨が裸地林床の浸透能・土砂侵食に与える影響の評価―ヒノキ単木への人工降雨実験の解析―. 平成18年度砂防学会研究発表会, P-10 (和歌山県民文化会館, 和歌山県和歌山市), ポスター
  • [2006.04.02] 南光一樹・恩田裕一・伊藤茜・伊藤俊・森脇寛. 樹冠通過雨がヒノキ裸地林床に与える影響についての実験的検討―雨量・雨滴の時空間平面分布特性について―. 第117回日本森林学会大会, F08 (東京農業大学, 東京都世田谷区), 口頭
  • [2005.12.09] Nanko, K., Mizugaki, S., Onda, Y., Hiramatsu, S. Evaluation of splash erosion at forest floor in mature Japanese cypress plantations. 2005 AGU Fall Meeting, H51C-0373 (Moscone Center, San Francisco, CA, USA), Poster
  • [2005.08.04] 南光一樹・堀田紀文・鈴木雅一. 林内の雨滴粒径分布の評価による樹冠内の雨水動態メカニズムの理解. 2005年度水文・水資源学会研究発表会, P-56 (筑波大学, 茨城県つくば市), ポスター
  • [2005.03.28] 南光一樹・渡辺あい・堀田紀文・鈴木雅一. 林内の滴下雨滴粒径分布に対する葉群振動の影響の実験的検討. 第116回日本森林学会大会, PA018 (北海道大学, 北海道札幌市), ポスター
  • [2004.07.11] Nanko, K., Hotta, N., Suzuki, M. The influence of forest species and atmospheric phenomena on the throughfall rainfall size distribution. IUFRO Forest Hydrology Workshop, 81-83 (Kota Kinabalu, Malaysia), Poster, Best Poster Prize
  • [2004.04.03] 南光一樹・堀田紀文・鈴木雅一. 林内雨の雨滴粒径分布の樹種間の差異―レーザ雨滴計による複数林内同時観測データの解析―. 第115回日本林学会大会, B27 (東京大学, 東京都文京区), 口頭
  • [2003.03.31] 南光一樹・諸岡利幸・O. J. Manfroi・堀田紀文・蔵治光一郎・鈴木雅一. レーザー雨滴計を用いた熱帯林の雨滴分布特性について―サラワク・ランビル国立公園における観測の解析―. 第114回日本林学会大会, P1193 (岩手大学, 岩手県盛岡市), ポスター
  • [2002.04.02] 南光一樹・堀田紀文. レーザー雨滴計を用いたヒノキ人工林の雨滴分布特性について. 第113回日本林学会大会, P1163 (新潟大学, 新潟県新潟市), ポスター
co

学会発表(サブ) - Presentation as a co-author

  • 全152件|
  • [2022.09.15] 小口理一・南光一樹・高橋俊一・牧野能士・日浦勉. 共通圃場での被陰実験による葉の厚さの光応答と種内変異の解析. 日本植物学会第86回大会, P-032 (京都府立大学, 京都府京都市)
  • [2022.09.13] 川西あゆみ・石塚成宏・酒井佳美・相澤州平・平井敬三・稲冨素子・大曽根陽子・南光一樹・鵜川信. 日本の森林における枯死木の炭素蓄積量—林野庁森林吸収源インベントリ情報整備事業—. 日本土壌肥料学会2022年度東京大会, P8-2-11 (東京農業大学, 東京都世田谷区)
  • [2022.07.16] 山田祐亮・南光一樹・鹿又秀聡・ 細田和男・西園朋広・山浦悠一. 表土流出防止を目的とした間伐の優先度とコストの分析. 森林計画学会カンファレンス2022, 8 (ハイブリッド, 北海道札幌市)
  • [2022.05.23] Kamimura, K., Nanko, K., Matsumoto, A., Ueno, S., Gardiner, J., Gardiner, B Tree dynamic behavior with forestry activities and a category-5 tropical cyclone. EGU General Assembly 2022, EGU22-6892 (Hybrid, Vienna, Austria)
  • [2022.03.29] 上村佳奈・南光一樹・勝島隆史・平野恭弘・谷川東子・石川仁. 立木根鉢の風に対する力学的反応. 第133回日本森林学会大会, J3 (オンライン, 日本)
  • [2022.03.29] 川西あゆみ・石塚成宏・酒井佳美・相澤州平・平井敬三・稲冨素子・大曽根陽子・南光一樹・鵜川信. 枯死木の炭素貯留量に影響を及ぼす環境要因の解析. 第133回日本森林学会大会, I2 (オンライン, 日本)
  • [2022.03.15] 小口理一・南光一樹・高橋俊一・牧野能士・日浦勉. 共通圃場実験における葉の厚さの種内変異と光応答 第69回日本生態学会大会, P2-152 (ハイブリッド(福岡国際会議場), 福岡県福岡市)
  • [2021.12.15] Yamada, Y., Yamaura, Y., Shimizu, K., Nanko, K., Murakami, W., Takayama, N. Proposing policies to improve ecosystem services based on local forest harvesting trends. 3rd ESP Asia Conference, T1-6 (Online, Nagasaki, Japan)
  • [2021.10.27] 才木真太朗・森英樹・南光一樹・小黒芳生・黒川紘子. 葉面からの吸水は樹木の成長に影響を及ぼすのか?―実験対象樹種を選定するための葉の生理、形態特性の比較―. 第11回関東森林学会大会, 生態2 (オンライン, 日本)
  • [2021.03.23] 岩﨑健太・南光一樹・中田康隆・真坂一彦・篠原慶規・新田響平・水永博己. 港湾建設に伴う海岸線変化が生じさせた海岸林樹高成長の空間的不均質性. 第132回日本森林学会大会, J1 (オンライン, 日本)
  • [2021.03.23] 上村佳奈・南光一樹・上野真義・松本麻子. 2018年台風24号による強風下での立木倒伏プロセス. 第132回日本森林学会大会, J2 (オンライン, 日本)
  • [2021.03.19] 宮﨑拓馬・篠原充輝・篠原慶規・南光一樹・岩﨑健太・新田響平・水永博己. 海岸林における付着塩分量の時間変動及びそのモデル化. 第132回日本森林学会大会, P-323 (オンライン, 日本)
  • [2021.03.18] 岩﨑健太・下田星児・中田康隆・鳥田宏行・蝦名益仁・南光一樹. 防風林が畝の風食とジャガイモ緑化に与える影響. 日本農業気象学会2021年全国大会, CP03 (オンライン, 日本)
  • [2021.02.15] Levia, D.F., Nanko, K. The role of forests and trees as modulators of water and biogeochemical cycles. 6th IAHR Europe Congress, 764-765 (Online, Warsaw, Poland)
  • [2020.12.17] Saidin, Z.H., Onda, Y., Kato, H., Hudson, J.E., Nanko, K., Levia, D.F. Vertical variation in branchflow and stemflow cycling of radiocesium between coniferous and deciduous forests in Japan. AGU Fall Meeting 2020, H222-09 (Online, USA)
  • [2020.12.10] Levia, D.F., Creed, I.F., Hannah, D.M., Nanko, K., Boyer, E.W., Carlyle-Moses, D.E., van de Giesen, N., Grasso, D., Guswa, A.J., Hudson, J.E., Hudson, S.A., Iida, S., Jackson, R.B., Katul, G.G., Kumagai, T., Llorens, P., Lopes Ribeiro, F., Pataki, D.E., Peters, C.A., Sanchez Carretero, D., Selker, J.S, Tetzlaff, D., Zalewski, M., Bruen, M. Planetary resilience jeopardized by homogenization of the terrestrial water cycle. AGU Fall Meeting 2020, GC065-04 (Online, USA)
  • [2020.12.10] Mrad, A., Katul, G.G., Levia, D.F., Guswa, A.J., Boyer, E.W., Bruen, M., Carlyle-Moses, D.E., Coyte, R., Creed, I.F., van de Giesen, N., Grasso, D., Hannah, D.M., Hudson, J.E., Humphrey, V., Iida, S., Jackson, R.B., Kumagai, T., Llorens, P., Michalzik, B., Nanko, K., Peters, C.A., Selker, J.S., Tetzlaff, D., Zalewski, M., Scanlon, B.R. Peak grain forecasts in the U.S. High Plains amid withering waters. AGU Fall Meeting 2020, GC066-06 (Online, USA)
  • [2020.12.09] Tucker, A.M., Levia, D.F., Katul, G.G., Nanko, K., Rossi, L.F. A network model for stemflow solute transport. AGU Fall Meeting 2020, H068-04 (Online, USA)
  • [2020.12.09] Carlyle-Moses, D.E., Llorens, P., Latron, J., Nathe, K., Nanko, K., Chang, J., Iida, S., Levia, D.F. Investigating infiltration areas and infiltration funneling ratios for American beech trees. AGU Fall Meeting 2020, H063-0005 (Online, USA)
  • [2020.11.21] 平野恭弘・南光一樹・土居龍成・西村澪・杁山哲矢・谷川東子. 岐阜県大湫町神明神社の大杉倒木の根系状況. 第52回根研究集会, P07 (オンライン, 日本)
  • [2020.11.06] 小野村史穂・南光一樹・仲吉信人. 小型ドップラー降雨センサを用いた降雨移動観測の試み. 第65回水工学講演会, R105-6 (オンライン, 日本)
  • [2020.07.15] Ishizuka, M., Kurosaki, Y., Hagino, H., Nanko, K., Batdelger, G., Yasuda, Y., Suzuki, S. Wind tunnel experiment on sand saltation splash by using a high-speed camera. JpGU-AGU Joint Meeting 2020, MIS06-P04 (Online, Japan)
  • [2020.07.12] Saidin, Z.H., Onda, Y., Kato, H., Hudson, J.E., Nanko, K., Levia, D.F. Vertical variation in the depositional flux and biomass inventory of radiocesium through stemflow partitioning between tree canopy and trunk. JpGU-AGU Joint Meeting 2020, MAG44-04 (Online, Japan)
  • [2020.05.06] Llorens, P., Latron, J., Carlyle-Moses, D.E., Nathë, K., Chang, J.L., Nanko, K., Iida, S., Levia, D.F. Stemflow infiltration areas into forest soils around American beech trees. EGU General Assembly 2020, EGU2020-8813 (Online, Austria)
  • [2020.03.29] 勝島隆史・南光一樹・安田幸生・高橋正義・鈴木覚. 力学的ダウンスケーリング気象データを用いた冠雪害リスクマッピングの試行. 第131回日本森林学会大会, J22 (名古屋大学, 愛知県名古屋市)
  • [2020.03.29] 上村佳奈・南光一樹・上野真義・松本麻子. 振動観測、引き倒し試験、生態情報からみる立木の耐風性. 第131回日本森林学会大会, J21 (名古屋大学, 愛知県名古屋市)
  • [2020.03.29] 岩﨑健太・南光一樹・中田康隆・真坂一彦・篠原慶規・新田響平・水永博己. 石狩海岸林の樹高成長に及ぼす海浜地形の影響. 第131回日本森林学会大会, J19 (名古屋大学, 愛知県名古屋市)
  • [2020.03.28] 宮﨑拓馬・篠原充輝・篠原慶規・南光一樹・岩﨑健太・新田響平・水永博己. 宮崎海岸におけるクロマツ林の付着塩分量とその挙動. 第131回日本森林学会大会, P1-207 (名古屋大学, 愛知県名古屋市)
  • [2020.03.27] 山田祐亮・山浦悠一・松浦俊也・玉井幸司・南光一樹・戸田堅一郎・村上亘・滝久智・橋本昌司・佐藤保・伊藤江利子・高山範理・高橋正義. 機能評価モデルによる地域森林管理の時空間推移評価と予測. 第131回日本森林学会大会, S12-4 (名古屋大学, 愛知県名古屋市)
  • [2020.03.27] ⽟井幸治・村上亘・伊藤江利⼦・南光⼀樹・齋藤仁・⼾⽥堅⼀. ⽔⼟保全機能の評価. 第131回日本森林学会大会, S12-2 (名古屋大学, 愛知県名古屋市)
  • [2019.12.09] Levia, D.F., Guswa, A.J., Tetzlaff, D., Selker, J.S., Carlyle-Moses, D.E., Boyer, E.W., Bruen, M., Cayuela, C., Creed, I.F., van de Giesen, N., Grasso, D., Hannah, D.M., Hudson, J.E., Hudson, S.A., Iida, S., Jackson, R.B., Katul, G.G., Kumagai, T., Llorens, P., Lopes Ribeiro, F., Michalzik, B., Nanko, K., Oster, C., Pataki, D.E., Peters, C.A., Rinaldo, A., Sanchez-Carretero, D., Trifunovic, B., Zalewski, M. Ecohydrology in the 21st century: A convergence of opportunities for global sustainability and social justice and equity. AGU Fall Meeting 2019, H14C-04 (Moscone Center, San Francisco, CA, USA)
  • [2019.10.20] 飯田真一・Darryl E. Carlyle-Moses・Sonja Germer・Pilar Llorens・Beat Michalzik・南光一樹・Alexander Tischer・Delphis F. Levia. 樹幹流の生態水文学的重要性を表現するための指標. 2019年度日本水文科学会学術大会, 26-27 (筑波大学, 茨城県つくば市)
  • [2019.10.05] Yamada, Y., Yamaura, Y., Takahashi, M., Nanko, K., Matsuura, T., Hashimoto, S., Takayama, N., Toda, K., Sato, T. Simulating Impacts of Local Forest Policies on Forest Ecosystem Functions. XXV IUFRO World Congress 2019, 259(C4m) (Expo Unimed Ciritiba, Critiba, Brazil)
  • [2019.09.18] 今村直広・Delphis F. Levia・南光一樹・田中延亮・大手信人. 地理的要因によって説明されるスギ林への硫黄と窒素の大気沈着の空間分布. 第60回大気環境学会年会, 1E1000 (東京農工大学, 東京都府中市)
  • [2019.05.30] Ishizuka, M., Nakahara, Y., Masaoka, H., Nakao, G., Ishii, T., Kurosaki, Y., Hagino, H., Nakamura, K., Bantsetseg, B., Nanko, K., Nishihara, E., Suzuki, S. Wind tunnel experiments for saltation and dust emission under weak crusted Mongolian soil. JpGU Meeting 2019, MIS09-P05 (Makuhari Messe, Chiba, Japan)
  • [2019.05.29] Iida, S., Carlyle-Moses, D.E., Germer, S., Llorens, P., Michalzike, B., Nanko, K., Tischere, A., Levia, D.F. Quantifying stemflow to better express its ecohydrological significance. JpGU Meeting 2019, AHW23-P09 (Makuhari Messe, Chiba, Japan)
  • [2019.05.26] Saidin, Z.H., Onda, Y., Kato, H., Kurihara, M., Nanko, K., Levia, D.F. Spatial variability of radiocesium deposition through the tree canopy via branchflow and stemflow. JpGU Meeting 2019, MAG41-06 (Makuhari Messe, Chiba, Japan)
  • [2019.04.12] Pinos, J., Latron, J., Cayuela, C., Nanko, K., Levia, D.F., Llorens, P. Can drop characteristics explain differences in isotopic composition between open rainfall and throughfall? EGU General Assembly 2019, EGU2019-255 (Austria Center Vienna, Vienna, Austria)
  • [2019.04.08] Saidin, Z.H., Onda, Y., Kato, H., Kurihara, M., Nanko, K., Levia, D.F. Vertical variation in the transport and fate of radiocesium through the canopy via branchflow and stemflow. EGU General Assembly 2019, EGU2019-12669 (Austria Center Vienna, Vienna, Austria)
  • [2019.03.22] 山田祐亮・山浦悠一・南光一樹・松浦俊也・橋本昌司・高山範理・戸田堅一郎・佐藤保. 地域森林における機能間トレードオフの空間的分析. 第130回日本森林学会大会, P2-027 (朱鷺メッセ, 新潟県新潟市)
  • [2019.03.22] 篠原慶規・市野瀬桐香・森本麻友美・久保田哲也・南光一樹. ヒノキ人工林において雨滴エネルギーを決定する要因の解明. 第130回日本森林学会大会, J2 (朱鷺メッセ, 新潟県新潟市)
  • [2019.03.22] 勝島隆史・南光一樹・安田幸生・高橋正義・鈴木覚. 冠雪害リスク評価モデルに組み込み可能な樹木力学モデルの開発. 第130回日本森林学会大会, J13 (朱鷺メッセ, 新潟県新潟市)
  • [2019.03.22] 上村佳奈・南光一樹・松本麻子. 2018年台風24号の強風による被害木で実測した立木振動. 第130回日本森林学会大会, J11 (朱鷺メッセ, 新潟県新潟市)
  • [2019.03.18] 鈴木覚・萩野裕章・野口宏典・南光一樹. モウソウチクの耐風性の解明および耐風性が分布域拡大へ関与する可能性の検討. 日本生態学会第66回全国大会, P2-145 (神戸国際会議場・神戸国際展示場, 兵庫県神戸市)
  • [2018.12.14] Levia, D.F., Iida, S., Nanko, K., Sun, X., Shimizu, T., Tamai, K., Shinohara, Y. The importance of gauge calibration in quantifying canopy interception loss. 2018 AGU Fall Meeting, H53O-1799 (Walter E. Washington Convention Center, Washington, D.C., USA)
  • [2018.10.22] 山田祐亮・山浦悠一・南光一樹. 北茨城市人工林における森林機能の関係性の解析. 第8回関東森林学会大会, 5 (東松山市民文化センター, 埼玉県東松山市)
  • [2018.09.28] Nakahara Y., Ishizuka, M., Kurosaki, Y., Hagino, H., Batdelger, G., Nanko, K., Suzuki, S., Nakamura, K. Experimental study on motion characteristics of saltating grains under crusted soils related to the dust emission in drylands. 2018 joint 14th iCACGP Quadrennial Symposium/15th IGAC Science Conference, 4.023 (Sunport Takamatsu Convention Center, Takamatsu, Japan)
  • [2018.09.15] 長野龍平・南光一樹・十河潔司・杉本英夫. 都市部に植栽された 3 種の広葉樹の樹冠遮断量評価. 第49回日本緑化工学会大会, O-06-A (東京都市大学, 神奈川県横浜市)
  • [2018.09.12] Singla, B., Latron, J., Nanko, K., Levia, D.F., Molina, A.J., Cayuela, C., Oromí, M., Gallart, F., Llorens, P. Relationship between throughfall drop size and isotopic composition: Preliminary insights from an ongoing experiment in Mediterranean conditions (Vallcebre, North-Eastern Spain). 17th Biennial Conference ERB 2018, Session 1-1 (Technische Universität Darmstadt, Darmstadt, Germany)
  • [2018.09.12] 飯田真一・Delphis Levia・南光一樹・Xinchao Sun・清水貴範・玉井幸治・篠原慶規. 3型式の転倒マス型雨量計が有する計測誤差と遮断量評価への影響. 水文・水資源学会2018年度研究発表会, P63 (三重大学, 三重県津市)
  • [2018.09.10] 勝島隆史・安達聖・南光一樹・竹内由香. 風洞装置によるスギ枝の抗力係数に及ぼす着雪重量の影響測定. 雪氷研究大会(2018・札幌), P2-10 (北海道科学大学, 北海道札幌市)
  • [2018.08.29] 中原優祐・石塚正秀・黒崎泰典・中村公一・Gantsetseg Batdelger・萩野裕章・南光一樹・鈴木覚. PTV法を用いた風洞装置を用いた飛砂粒子の運動解析. 平成30年度全国大会土木学会第73回年次学術講演会, II-163 (北海道大学, 北海道札幌市)
  • [2018.05.24] Iida, S., Levia, D.F., Nanko, K., Sun, X., Shinohara, Y., Sakai, N. Stemflow and canopy structure: Revelations from the NIED large-scale rainfall simulator. JpGU Meeting 2018, AHW22-P02 (Makuhari Messe, Chiba, Japan)
  • [2018.05.23] 鈴木覚・萩野裕章・勝島隆史・南光一樹. 森林・林業の気象害研究における実大ストームシミュレータの活用. 平成30年度日本風工学会年次研究発表会, 5 (東京大学, 東京都文京区)
  • [2018.04.13] Levia, D.F., Iida, S., Nanko, K., Sun, X., Shinohara, Y., Sakai, N. Disentangling the relative influence of canopy structure on stemflow: Insights from a large-scale rainfall simulator and Bayesian statistics. EGU General Assembly 2018, EGU2018-5616 (Austria Center Vienna, Vienna, Austria)
  • [2018.04.13] Singla, B., Latron, J., Nanko, K., Levia, D.F., Molina, A.J., Cayuela, C., Oromí, M., Llorens, P. Preliminary insights into the relationship between throughfall drop size and isotopic composition. EGU General Assembly 2018, EGU2018-19353 (Austria Center Vienna, Vienna, Austria)
  • [2018.04.11] Hashimoto, S., Nanko, K., Ťupek, B., Lehtonen, A. Data-mining analysis of the global distribution of soil carbon in observational databases and Earth System Models. EGU General Assembly 2018, EGU2018-2111 (Austria Center Vienna, Vienna, Austria)
  • [2018.04.09] Seitz, S., Fernández-Raga, M., Nanko, K. Splash and interrill erosion research: Current needs and future prospects. EGU General Assembly 2018, EGU2018-19704 (Austria Center Vienna, Vienna, Austria)
  • [2018.03.28] 稲冨素子・今矢明宏・志知幸治・小林政広・池田重人・大曽根陽子・南光一樹・三浦覚・篠宮佳樹・大貫靖浩・金子真司・田中永晴. 森林土壌炭素インベントリにおける断面石礫率を考慮した土壌炭素蓄積量評価. 第129回日本森林学会大会, P2-192 (高知大学, 高知県高知市)
  • [2018.03.27] 勝島隆史・嘉戸昭夫・相浦英春・南光一樹・鈴木覚・竹内由香里・村上茂樹. 気象データから冠雪害の発生リスクを評価する. 第129回日本森林学会大会, S6-6 (高知大学, 高知県高知市)
  • [2018.03.17] 南野亮子・南光一樹・村岡裕由・舘野正樹. 耐風性と光合成生産から見たミズナラ日向/日陰シュート形態の機能的差異. 第65回日本生態学会大会, P3-098 (札幌コンベンションセンター, 北海道札幌市)
  • [2017.12.15] Levia, D.F., Iida, S., Nanko, K., Sun, X., Shinohara, Y., Sakai, N. Use of a large-scale rainfall simulator reveals novel insights into stemflow generation. AGU Fall Meeting 2017, H53F-1517 (Ernest N. Morial Convention Center, New Orleans, LA, USA)
  • [2017.09.05] 山下尚之・橋本昌司・南光一樹・大曽根陽子・鵜川信・石塚成宏・田中永晴・今矢明宏・金子真司・三浦覚. 森林土壌インベントリを活用した森林土壌炭素の全国マッピング―回帰クリギングによる空間推定―. 日本土壌肥料学会2017年度仙台大会, 87 (東北大学, 宮城県仙台市), ポスター賞
  • [2017.06.27] Yamashita, N., Hashimoto, S., Nanko, K., Ishizuka, S., Osone, Y., Ugawa, S., Tanaka, N., Imaya, A., Kaneko, S., Miura, S. Fine-resolution mapping of soil carbon stock in Japanese forest based on machine-learning regression kriging. Pedometrics 2017, 266 (Hof van Wageningen, Wageningen, Netherlands)
  • [2017.05.24] 稲冨素子・石塚成宏・酒井佳美・大曽根陽子・南光一樹・橋本徹・田中永晴・金子真司・三浦覚. 森林土壌炭素インベントリにおける枯死木データの基礎的解析. JpGU-AGU Joint Meeting 2017, MIS19-P10 (幕張メッセ, 千葉県千葉市)
  • [2017.05.20] 中原優祐・石塚正秀・黒崎泰典・中村公一・Gantsetseg Batdelger・萩野裕章・南光一樹・鈴木覚. 風洞装置を用いた飛砂粒子の運動解析. 平成29年度土木学会四国支部技術研究発表会, II-9 (愛媛大学, 愛媛県松山市)
  • [2017.04.27] Levia, D.F., Imamura, N., Toriyama, J., Kobayashi, M., Nanko, K. Spatial heterogeneity of radiocesium in the soil of a broadleaved deciduous forest: The marked role of stemflow. EGU General Assembly 2017, EGU2017-3771 (Austria Center Vienna, Vienna, Austria)
  • [2017.04.24] Hiraoka, M., Onda, Y., Gomi, T., Mizugaki, S., Nanko, K., Kato, H. Controlling factors for infiltration on undisturbed hillslopes in unmanaged plantation forests. EGU General Assembly 2017, EGU2017-12364 (Austria Center Vienna, Vienna, Austria)
  • [2017.03.28] 飯田真一・Delphis F. Levia・南光一樹・Xinchao Sun・篠原慶規・酒井直樹. 降雨強度と樹種の違いが樹幹流量に及ぼす影響─人工降雨実験に基づいた検討─. 第128回日本森林学会大会, P2-239 (鹿児島大学, 鹿児島県鹿児島市)
  • [2017.03.28] 山下尚之・橋本昌司・大曽根陽子・南光一樹・鵜川信・石塚成宏・田中永晴・今矢明宏・金子真司・三浦覚. 機械学習回帰クリギングを用いた森林土壌炭素の全国マッピング. 第128回日本森林学会大会, P2-214 (鹿児島大学, 鹿児島県鹿児島市)
  • [2017.03.28] 勝島隆史・嘉戸昭夫・相浦英春・南光一樹・鈴木覚・竹内由香里・村上茂樹. 気象条件に対する冠雪重量変化の解析とモデル開発. 第128回日本森林学会大会, I6 (鹿児島大学, 鹿児島県鹿児島市)
  • [2017.03.27] 古澤仁美・佐野哲也・三浦覚・稲垣昌宏・稲垣善之・南光一樹・藤井一至・橋本昌司・酒井佳美・阪田匡司・鵜川信・綿野好則・戸田堅一郎. 奥日光においてシカの採食に伴う植生変化がリター供給量と分解に及ぼす影響. 第128回日本森林学会大会, P1-136 (鹿児島大学, 鹿児島県鹿児島市)
  • [2017.03.16] 南野亮子・村岡裕由・南光一樹・舘野正樹. 力学的安定性に基づく葉・茎間の物質分配が光合成生産効率に及ぼす影響. 第64回日本生態学会大会, P2-O-434 (早稲田大学, 東京都新宿区)
  • [2016.11.15] Levia, D.F., Hudson, S.A., Llorens, P., Nanko, K. Disdrometers: A useful tool to measure throughfall drop size distributions. Irish National Hydrology Conference 2016, 3 (Hodson Bay Hotel, Athlone, Co. Roscommon, Ireland)
  • [2016.11.05] 市野瀬桐香・篠原慶規・久保田哲也・南光一樹. ヒノキ人工林におけるスプラッシュカップを用いた雨滴エネルギーの計測. 第72回九州森林学会大会, 709 (クローバープラザ, 福岡県春日市)
  • [2016.10.15] 飯田真一・南光一樹・篠原慶規・Xinchao Sun・Delphis F. Levia. 転倒マス型雨量計の動的補正. 2016年度日本水文科学会学術大会, 31-32 (法政大学, 東京都千代田区)
  • [2016.09.29] 勝島隆史・嘉戸昭夫・相浦英春・南光一樹・鈴木覚・竹内由香里・村上茂樹. 冠雪害発生リスク評価のための冠雪重量モデルの開発. 雪氷研究大会(2016・名古屋), C2-11 (名古屋大学, 愛知県名古屋市)
  • [2016.06.04] 勝島隆史・嘉戸昭夫・相浦英春・南光一樹・鈴木覚. 気象条件に対するスギ冠雪重量の成長と落下の関係. 2016年度日本雪氷学会北信越支部大会, 23 (妙高市勤労者研修センター, 新潟県妙高市)
  • [2016.03.29] 勝島隆史・嘉戸昭夫・相浦英春・南光一樹・鈴木覚. 気象要素を考慮した冠雪重量予測モデルの開発. 第127回日本森林学会大会, P2-186 (日本大学, 神奈川県藤沢市)
  • [2016.03.24] 大曽根陽子・南光一樹・鵜川信・田中永晴・三浦覚・大貫靖浩・平井敬三・石塚成宏・酒井佳美・酒井寿夫・今矢明宏・橋本昌司・金子真司. どのような森林で土壌・枯死木の炭素プールは大きくなるのか?―土壌インベントリデータの解析―. 第63回日本生態学会大会, P2-467 (仙台国際センター, 宮城県仙台市)
  • [2015.12.14] Tanaka, N., Levia, D.F., Igarashi, Y., Yoshifuji, N., Tanaka, K., Chatchai, T., Nanko, K., Suzuki, M., Kumagai, T. Factors Governing Stemflow Production from Plantation Grown Teak Trees in Thailand. AGU Fall Meeting 2015, H11G-1434 (Moscone Center, San Francisco, CA, USA)
  • [2015.12.14] Hudson, S.A., Levia, D.F., Nanko, K. Examining the role of meteorological conditions and throughfall drop sizes. AGU Fall Meeting 2015, H11G-1433 (Moscone Center, San Francisco, CA, USA)
  • [2015.12.14] Oda, T., Hiraoka, M., Nanko, K., Sato, T., Hotta, N., Ohte, N., Suzuki, M., Uchiyama, Y. Spatial pattern of the throughfall volume on a steep slope dominated by deciduous broad-leaved trees. AGU Fall Meeting 2015, H11G-1427 (Moscone Center, San Francisco, CA, USA)
  • [2015.09.14] 勝島隆史・杉浦幸之助・南光一樹・鈴木覚. 降雪粒子の跳躍を考慮した平板上の堆雪に関する数値実験. 雪氷研究大会(2015・松本), P1-29 (信州大学, 長野県松本市)
  • [2015.04.27] 鈴木覚・渡井純一・加藤徹・野口宏典・南光一樹. 日本版改良藤田スケールの開発―樹木のDIとDODの提案―. 平成27年度日本風工学会年次研究発表会, 127-128 (徳島大学, 徳島県徳島市)
  • [2015.03.28] 大曽根陽子・南光一樹・鵜川信・田中永晴・三浦覚・大貫靖浩・平井敬三・石塚成宏・酒井寿夫・今矢明宏・橋本昌司・金子真司. 森林タイプと林分構造が枯死木・リター・土壌の炭素プールに与える影響―森林吸収源インベントリ情報整備事業の調査結果を用いた解析―. 第126回日本森林学会大会, P2B089 (北海道大学, 北海道札幌市)
  • [2014.12.16] Tanaka, N., Levia, D.F., Igarashi, Y., Nanko, K., Yoshifuji, N., Tanaka, K., Chatchai, T., Suzuki, M., Kumagai, T. Throughfall under a teak plantation in Thailand: A multifactorial analysis on the effects of canopy phenology and meteorological conditions. AGU Fall Meeting 2014 , H21E-0779 (Moscone Center, San Francisco, CA, USA)
  • [2014.12.16] Hudson, S.A., Nanko, K., Levia, D.F. Throughfall drop size distribution in relation to leaf canopy state. AGU Fall Meeting 2014 , H21E-0775 (Moscone Center, San Francisco, CA, USA)
  • [2014.11.11] Saito, A., Kotani, A., Ohta, T., Maximov, T.C., Kononov, A.V., Nanko, K. Differences in characteristic of water and carbon exchanges in overstory and understory in eastern Siberian larch forest. 8th annual international symposium on "“C/H2O/Energy balance and climate over boreal and arctic regions with special emphasis on eastern Eurasia", 16 (Kasteel Hoekelum, Wageningen, Netherlands)
  • [2014.10.07] Miura, S., Kanamori, M., Ogaya, N., Nanko, K., Nagame, I., Suzuki, M. A new soil erosion survey method in the national forest inventory of Japan. IUFRO World Congress 2014, 206 (Salt Palace Convention Center, Salt Lake City, UT, USA)
  • [2014.08.01] Ueno, K., Nanko, K., Mochizuki, H. Rain on snow (ROS) in Japanese Alps. AOGS 11th Annual Meeting, IG05-A001 (Royton Sapporo Hotel, Sapporo, Japan)
  • [2014.06.08] Kaneko, S., Miura, S., Ugawa, S., Nanko, K., Tanaka, N., Osone, Y., Takahashi, M. Carbon stock of dead wood, litter and mineral soil in the forest of Japan. 20th World Congress of Soil Science, 19 (ICC JEJU, Jeju, Korea), ベストポスター賞
  • [2014.03.29] 三浦覚・南光一樹・鵜川信・田中永晴・石塚成宏・大曽根陽子・高橋正通・金子真司. 日本の森林の枯死木、リター、土壌の炭素蓄積モニタリング. 第125回日本森林学会大会, T07-03 (大宮ソニックシティ, 埼玉県大宮市)
  • [2014.03.29] 野口宏典・鈴木覚・南光一樹・竹内由香里・金子智紀・新田響平・渡部公一・坂本知己. 海岸林樹木の引き倒し抵抗特性. 第125回日本森林学会大会, P2-173 (大宮ソニックシティ, 埼玉県大宮市)
  • [2014.03.29] 鈴木覚・後藤義明・野口宏典・坂本知己・南光一樹. 森林および樹木の被害状況から竜巻強度を推定する試み. 第125回日本森林学会大会, P2-165 (大宮ソニックシティ, 埼玉県大宮市)
  • [2014.03.29] 大曽根陽子・南光一樹・鵜川信・田中永晴・三浦覚・大貫靖浩・平井敬三・石塚成宏・酒井寿夫・今矢明宏・橋本昌司・金子真司. 森林土壌における炭素と窒素の分布傾向―森林吸収源インベントリ情報整備事業の調査結果を用いた解析―. 第125回日本森林学会大会, P2-145 (大宮ソニックシティ, 埼玉県大宮市)
  • [2014.03.28] 古澤仁美・三浦覚・稲垣善之・南光一樹・田中(小田)あゆみ・佐野哲也・ 綿野好則. 奥日光地域においてニホンジカが土壌からの窒素流亡に及ぼす影響. 第125回日本森林学会大会, P1-162 (大宮ソニックシティ, 埼玉県大宮市)
  • [2013.08.19] Sakai, Y., Ishizuka, S., Nanko, K., Ugawa, S., Kaneko, S. Lignin stock in deadwood debris accumulated in Japanese plantation forests. INTECOL 2013 (ExCeL London, London, UK)
  • [2013.07.12] Ueno, K., Nanko, K., Sato, K. Winter rain on snow in Japanese Alps. Davos Atmosphere and Cryosphere Assembly DACA-13, 296 (Congress Centre Davos, Davos, Switzerland)
  • [2013.05.30] 篠原慶規・大谷荘平・南光一樹・久保田哲也. 植物根系が土壌侵食量に与える影響―被覆率との比較―. 平成25年度砂防学会研究発表会, R1-09 (静岡市民文化会館, 静岡県静岡市)
  • [2013.05.23] 平田晶子・恩田裕一・加藤弘亮・南光一樹・五味高志. ヒノキ人工林における列状間伐前後の降雨遮断と樹冠通過雨の安定同位体比の変化. 日本地球惑星科学連合2013年大会, AHW29-P05 (幕張メッセ, 千葉県千葉市)
  • [2013.05.21] 橋本昌司・松浦俊也・南光一樹・鵜川信・志知幸治・リンコフ イゴール・シャー ジョージ・金子真司. 森林に降下した放射性セシウムのモデルを用いた動態予測. 日本地球惑星科学連合2013年大会, MAG35-19 (幕張メッセ, 千葉県千葉市)
  • [2013.04.09] Hashimoto, S., Matsuura, T., Nanko, K., Linkov, I., Shaw, G., Kaneko, S Predicted spatio-temporal dynamics of radiocesium deposited on forests following the Fukushima Dai-ichi nuclear power plant accident. EGU General Assembly 2013, EGU2013-3754 (Austria Center Vienna, Vienna, Austria)
  • [2013.03.27] 田中延亮・南光一樹・加藤弘亮・平田晶子・恩田裕一. ヒノキ林の林内雨量分布のイベント内変動. 第124回日本森林学会大会, P2-145 (岩手大学, 岩手県盛岡市)
  • [2013.03.27] 平田晶子・恩田裕一・加藤弘亮・南光一樹・五味高志. ヒノキ人工林における列状間伐前後の樹冠通過雨の空間分布特性と安定同位体比の変化. 第124回日本森林学会大会, A18 (岩手大学, 岩手県盛岡市)
  • [2012.09.26] Kaneko, S., Ugawa, S., Miura, S., Nanko, K., Takahashi, M. Monitoring of organic carbon stocks in Japanese forest soil. MARCO Symposium 2012, Strengthening Collaboration to meet Agro-Environmental Challenges in Monsoon Asia, Tsukuba, Japan, 154-158 (International Congress Center, Tsukuba, Japan)
  • [2012.09.19] Hirata, A., Onda, Y., Kato, H., Nanko, K., Kuraji, K., Tanaka, N., Gomi, T. Effects of forest thinning on canopy interception in Japanese cypress plantations: Changes in the proportion of throughfall components. 3rd International Conference on Forests and Water in a Changing Environment (Kyushu University, Fukuoka, Japan)
  • [2012.07.03] Ugawa, S., Nanko, K., Tanaka, N., Ikeda, S., Miura, S., Morisada, K., Takahashi, M., Kaneko, S. Soil carbon stocks in the forest sector of Japan and their determining factor. 4th International Congress EUROSOIL 2012, 1574 (Fiera del Levante, Bari, Italy)
  • [2012.05.20] 上野健一・南光一樹・佐藤香枝・清水悟. 山岳域における冬季降雨の発生傾向と低気圧活動. 日本地球惑星科学連合2012年大会, AHW28-02 (幕張メッセ, 千葉県千葉市)
  • [2012.02.18] 五味高志・平岡真合乃・横山修・山越隆雄・石塚忠範・内田太郎・南光一樹. 深層崩壊の発生頻度の推定手法検討―鰐塚山の事例を中心として―. 京都大学防災研究所特定研究集会23C-03「深層崩壊の実態,予測,対応」, 69-75 (京都大学, 京都府宇治市)
  • [2011.10.18] Miura, S., Ugawa, S., Nanko, K., Tanaka, N., Ikeda, S., Morisada, K., Kaneko, S., Takahashi, M. National inventory of soil carbon stock in Japanese forest confirmed historical human impact on soil degradation for hundred of years. ASA, CSSA and SSSA International Annual Meetings, 275-4 (Henry Gonzalez Convention Center, San Antonio, TX, USA)
  • [2011.08.09] 金子真司・鵜川信・南光一樹・田中永晴・池田重人・森貞和仁・高橋正. 森林における枯死木、リター、土壌の炭素蓄積量の全国調査―過去4年間のまとめ―. 日本土壌肥料学会2011年度つくば大会, 23-29 (つくば国際会議場, 茨城県つくば市)
  • [2011.08.09] 三浦覚・鵜川信・南光一樹・田中永晴・池田重人・森貞和仁・金子真司・高橋正通. 近畿・中国地方の森林土壌の炭素蓄積量が少ないのは人為影響によるのか. 日本土壌肥料学会2011年度つくば大会, 23-30 (つくば国際会議場, 茨城県つくば市)
  • [2011.05.25] 加藤弘亮・恩田裕一・南光一樹・五味高志. 針葉樹人工林における樹冠通過雨の安定同位体比. 日本地球惑星科学連合2011年大会, AHW023-P06 (幕張メッセ, 千葉県千葉市)
  • [2011.03.27] 古澤仁美・三浦覚・稲垣昌宏・稲垣善之・佐野哲也・南光一樹・綿野好則. 奥日光地域においてニホンジカが土壌窒素無機化速度に及ぼす影響. 第122回日本森林学会大会, PB2-25 (静岡大学, 静岡県静岡市)
  • [2011.03.27] 加藤弘亮・恩田裕一・南光一樹・五味高志. 針葉樹人工林における樹冠通過雨の時空間分布特性. 第122回日本森林学会大会, G11 (静岡大学, 静岡県静岡市)
  • [2010.12.13] Kato, H., Onda, Y., Nanko, K., Gomi, T. Field study of rainfall redistribution in Japanese cypress plantations. 2010 AGU Fall Meeting, H11H-0916 (Moscone Center, San Francisco, CA, USA)
  • [2010.10.29] 佐藤香枝・上野健一・南光一樹. 菅平高原における冬季降雨現象の発生要因について. 日本気象学会2010年度秋季大会, P313 (京都テルサ, 京都府京都市)
  • [2010.06.22] Onda, Y., Gomi, T., Mizugaki, S., Nanko, K., Fukushima, T. Field and modeling studies on the effects of forest devastation on flooding and environmental issues. 2010 Western Pacific Geophysics Meeting, H23C-01 (Taipei International Convention Center, Taipei, Taiwan)
  • [2010.04.02] 脇山義史・恩田裕一・平岡真合乃・加藤弘亮・南光一樹. 人工斜面観測による母岩の異なるヒノキ林土壌における土壌侵食プロセスの比較. 第121回日本森林学会大会, E28 (筑波大学, 茨城県つくば市)
  • [2009.05.05] Giambelluca, T.W., Sutherland, R.A., Nanko, K., Mudd, R.G., Ziegler, A.D. Effects of Miconia on hydrology: A first approximation. International Miconia Conference, Keanae, Maui, Hawaii, May 4-7, 2009, http://www.hear.org/conferences/miconia2009/pdfs/giambelluca.pdf (University of Hawaii at Manoa., Maui, HI, USA)
  • [2009.03.26] 恩田裕一・水垣滋・五味高志・南光一樹・浅井宏紀・長嶺真理子・平松晋也・福島武彦. ヒノキ人工林流域において斜面から流路へ細粒土砂はどう移動するか. 第120回日本森林学会大会, D13 (京都大学, 京都府京都市)
  • [2009.03.26] 脇山義史・恩田裕一・南光一樹・平岡真合乃・北原曜・小野裕. 樹種・林齢の異なる林分における土壌中CO2の土壌構造に対する影響. 第120回日本森林学会大会, D02 (京都大学, 京都府京都市)
  • [2008.09.24] 上野健一・南光一樹・大門 亮太・佐々木 敬悟. 簡易レーザー雨滴計を利用した固体降水判別:菅平高原での事例観測. 雪氷研究大会(2008・東京), 60-61 (東京大学, 東京都文京区)
  • [2008.08.27] 平岡真合乃・恩田裕一・加藤弘亮・水垣滋・五味高志・南光一樹. 浸透能を基準としたヒノキ人工林の荒廃度評価の検討. 2008年度水文・水資源学会研究発表会, P-74 (東京大学, 東京都目黒区)
  • [2008.08.27] 脇山義史・恩田裕一・南光一樹・北原曜・小野裕. ヒノキ人工林における土壌構造劣化プロセスの検討. 2008年度水文・水資源学会研究発表会, P-73 (東京大学, 東京都目黒区)
  • [2008.08.26] 滝井宗一・大石哲・中北英一・鈴木賢士・南光一樹・高橋劭・坪木和久・大東忠保・中川勝広・出世ゆかり・杉本聡一郎. 沖縄における雨滴粒径分布測定に関する研究. 2008年度水文・水資源学会研究発表会, P-2 (東京大学, 東京都目黒区)
  • [2008.05.28] 平岡真合乃・恩田裕一・加藤弘亮・伊藤俊・水垣滋・五味高志・南光一樹. 荒廃ヒノキ人工林における表面被覆が浸透能に与える影響. 日本地球惑星科学連合2008年大会, Z159-P011 (幕張メッセ, 千葉県千葉市)
  • [2008.05.28] 脇山義史・恩田裕一・南光一樹・水垣滋・金栄麒・北原曜・小野裕. ヒノキ人工林における土壌構造劣化プロセスの検討. 日本地球惑星科学連合2008年大会, Z159-P010 (幕張メッセ, 千葉県千葉市)
  • [2008.04.18] Wakiyama, Y., Onda, Y., Nanko, K., Mizugaki, S., Kim, Y., Kitahara, H., Ono, H. Temporal variations of rain splash at the forest floor of Japanese cypress plantations. EGU General Assembly 2008, EGU2008-A-06427 (Austria Center Vienna, Vienna, Austria)
  • [2008.04.15] Mizugaki, S., Onda, Y., Gomi, T., Nanko K., Asai, H., Nagamine, M., Hiramatsu, S. Sediment transport by surface erosion in a mountain catchment draining Japanese cypress forest — understanding connectivity of sediment from hillslope to channel. EGU General Assembly 2008, EGU2008-A-05954 (Austria Center Vienna, Vienna, Austria)
  • [2008.03.28] 平岡真合乃・恩田裕一・加藤弘亮・伊藤俊・水垣滋・五味高志・南光一樹. 現地散水実験によるヒノキ人工林の浸透能と表面被覆との関係. 第119回日本森林学会大会, I28 (東京農工大学, 東京都府中市)
  • [2008.03.28] 恩田裕一・浅井宏紀・水垣滋・南光一樹. 樹種による表面侵食量・表面侵食プロセスの違い. 第119回日本森林学会大会, I27 (東京農工大学, 東京都府中市)
  • [2007.12.14] Mizugaki, S., Nanko, K., Onda, Y. The effect of slope angle on splash detachment in steep forest plantation. 2007 AGU Fall Meeting, H53C-1393 (Moscone Center, San Francisco, CA, USA)
  • [2007.11.10] 水垣滋・恩田裕一・五味高志・浅井宏紀・南光一樹・長嶺真理子・平松晋也. 山地ヒノキ林流域における台風イベント時の水・土砂流出過程. 日本地形学連合2007年秋季大会, O20 (筑波大学, 茨城県つくば市)
  • [2007.11.10] 平岡真合乃・恩田裕一・加藤弘亮・水垣滋・伊藤俊・南光一樹. 振動ノズル式散水装置によるヒノキ人工林の浸透能と被覆状態の関係. 日本地形学連合2007年秋季大会, P27 (筑波大学, 茨城県つくば市)
  • [2007.07.28] Mizugaki, S., Gomi, T., Onda, Y., Asai, H., Nanko, K., Asano, Y., Nagamine, M. Runoff and sediment routing in a Japanese cypress plantation watershed estimated from field observation and fingerprinting techniques. Sustainable forestry for water resources management and flood mitigation in mountainous regions (Nagoya University, Nagoya, Japan)
  • [2007.07.28] Wakiyama, Y., Onda, Y., Nanko, K., Mizugaki, S., Kim, Y., Kitahara, A., Ono, H. Temporal variation of rain splash at forest floor of young Japanese cypress plantations. Sustainable forestry for water resources management and flood mitigation in mountainous regions (Nagoya University, Nagoya, Japan)
  • [2007.07.25] 脇山義史・恩田裕一・南光一樹・水垣滋・金栄麒・北原曜・小野裕. 若齢ヒノキ人工林における雨滴侵食の実態解明. 2007年度水文・水資源学会研究発表会, P-23 (名古屋大学, 愛知県名古屋市)
  • [2007.07.25] 水垣滋・五味高志・恩田裕一・浅井宏紀・南光一樹・浅野友子・長嶺真理子. 水文観測・同位体分析によるヒノキ人工林の豪雨時の水土砂流出過程の解析. 2007年度水文・水資源学会研究発表会, P-22 (名古屋大学, 愛知県名古屋市)
  • [2007.05.23] 水垣滋・五味高志・恩田裕一・浅井宏紀・南光一樹・浅野友子・長嶺真理子・平松晋也. ヒノキ人工林における表面侵食と河川への土砂流出過程. 平成19年度砂防学会研究発表会, T2-6 (福井県県民ホール, 福井県福井市), 若手優秀発表賞
  • [2007.05.20] 脇山義史・恩田裕一・水垣滋・南光一樹・北原曜・小野裕・金栄麒. 若齢ヒノキ人工林におけるスプラッシュと地表流の関係. 日本地球惑星科学連合2007年大会, Z164-P003 (幕張メッセ, 千葉県千葉市)
  • [2007.04.20] Onda, Y., Mizugaki, S., Nanko, K., Asai, H., Nagamine, M., Gomi, T., Hiramatsu, S. Sediment yield and transportation in a humid forest plantation catchment through various scale field monitoring and FRN analysis. EGU General Assembly 2007, EGU2007-A-07186 (Austria Center Vienna, Vienna, Austria)
  • [2007.04.18] Mizugaki, S., Onda, Y., Koga, S., Fukuyama, T., Nanko, K., Asai, H., Nagamine, M., Hiramatsu, S. Contribution of forest floor to suspended sediment in conifer (Japanese cypress) plantation and broadleaf forest watersheds. EGU General Assembly 2007, EGU2007-A-08065 (Austria Center Vienna, Vienna, Austria)
  • [2007.04.03] 脇山義史・恩田裕一・水垣滋・南光一樹・北原曜・小野裕・金栄麒. ヒノキ人工林に対する管理の放棄が土壌に及ぼす影響. 第118回日本森林学会大会, J04 (九州大学, 福岡県福岡市)
  • [2007.03.18] 水垣滋・恩田裕一・古賀聡子・福山泰治郎・浅井宏紀・南光一樹・長嶺真理子・平松晋也. ヒノキ人工林および広葉樹林流域における浮遊砂に対する林床の寄与. 日本地形学連合2007年春季大会, P20 (幕張メッセ, 千葉県千葉市)
  • [2007.03.18] 伊藤茜・南光一樹・恩田裕一・水垣滋. 野外ヒノキ樹冠下における雨量の時間変化および空間分布特性. 日本地形学連合2007年春季大会, P25 (京都大学, 京都府宇治市)
  • [2007.03.18] 恩田裕一・水垣滋・南光一樹・浅井宏紀・長嶺真理子・五味高志・平松晋也. ヒノキ人工林流域における土砂生産・流出過程の解明―入れ子状試験流域での現地観測と同位体トレーサによる解析―. 日本地形学連合2007年春季大会, 7 (京都大学, 京都府宇治市)
  • [2006.12.13] Onda, Y., Mizugaki, S., Nanko, K., Asai, H. Estimating sediment sources by multiple scale field measurements and fingerprinting using radionuclides. 2006 AGU Fall Meeting, H31C-1441 (Moscone Center, San Francisco, CA, USA)
  • [2006.05.18] 伊藤茜・南光一樹・恩田裕一・伊藤俊・森脇寛. 林内雨が裸地林床の浸透能・土壌侵食に与える影響についての実験的検討. 日本地球惑星科学連合2006年大会, Z236-P005 (幕張メッセ, 千葉県千葉市)
  • [2006.04.03] 水垣滋・南光一樹・恩田裕一・平松晋也. ヒノキ林の斜面土砂流出過程における雨滴侵食の寄与. 第117回日本森林学会大会, PH20 (東京農業大学, 東京都世田谷区)
  • [2006.04.02] 伊藤茜・南光一樹・恩田裕一・伊藤俊・森脇寛. 樹冠通過雨がヒノキ裸地林床に与える影響についての実験的検討―異なった森林土壌を用いた浸透能・流出土砂量の比較―. 第117回日本森林学会大会, PG34 (東京農業大学, 東京都世田谷区)
seminar

セミナー、ワークショップ、講義 - Seminar, Workshop, and Lecture

  • 全54件|
  • [2022.03.24] 平野恭弘・南光一樹・土居龍成・西村澪・杁山哲矢・谷川東子. 根系から見た大湫町神明大杉の倒木化の要因. 大湫町神明大杉についての学術研究報告会 (瑞浪市総合文化センター, 岐阜県瑞浪市)
  • [2020.12.04] Nanko, K., Iida, S. Preliminary reports on rainfall storage estimation by accelerometer or disdrometer. i-link Meeting (Online, Spain)
  • [2020.10.17] 竹内啓恵・玉井幸治・及川洋征・岩永青史・片桐奈々・木村恵・鈴木智之・武正憲・南光一樹・山川博美・高山範理. 日本森林学会におけるダイバーシティ推進の取組. 第18回男女共同参画学協会連絡会シンポジウム, 023 (オンライン, 日本)
  • [2019.11.28] 南光一樹. 森林での土壌侵食. 講義「国土管理保全学」 (宮崎大学, 宮崎県宮崎市)
  • [2018.08.10] Tucker, A.M., Rossi, L.F., Nanko, K., Levia, D.F. A network model for solute fluxes in stemflow. University of Delaware Summer Research Symposium (University of Delaware, Newark, DE, USA)
  • [2017.11.30] 南光一樹・橋本昌司・Delphis F. Levia. 機械学習を用いた決定要因探索:土壌炭素と樹冠遮断での事例紹介. 水文・水工分野における深層学習に関する意見交換会 (東京大学生産技術研究所千葉実験所, 千葉県柏市)
  • [2017.11.16] Levia, D.F., Nanko, K. Quenching the world’s thirst: Revelations of 176 million throughfall drops. Joint workshop on data science (University of Delaware, Newark, DE, USA)
  • [2017.08.21] 南光一樹. 力学特性を踏まえた樹木の変形・破壊のシミュレーション. 造林学研究室セミナー (静岡大学, 静岡県静岡市)
  • [2017.08.07] 南光一樹. どのような形質が樹木の耐風性を高めるのか? 立地セミナー (森林総合研究所, 茨城県つくば市)
  • [2016.10.03] 南光一樹. 日本全国の森林土壌炭素蓄積量の分布に対する土壌群、立地環境、気象要素の影響評価. 立地セミナー (森林総合研究所, 茨城県つくば市)
  • [2016.09.12] 南光一樹. 力学特性を踏まえた樹木の変形・破壊シミュレーション. 森林防災セミナー (森林総合研究所, 茨城県つくば市)
  • [2016.09.10] 南光一樹. 雨・風と樹木との相互作用:樹冠による雨滴の変化と風による樹木の揺れ・破壊. 第71回関東圏植物生態ゼミ(仮) (東京大学, 東京都文京区)
  • [2016.09.05] 南光一樹. 土砂量をベースとした土砂災害規模の予測. 第8回分野横断型の水文学研究に関する会合 (国立環境研究所, 茨城県つくば市)
  • [2016.09.05] 南光一樹. 異なる対象/スケールによる降雨流出モデルのギャップを理解したい. 第8回分野横断型の水文学研究に関する会合 (国立環境研究所, 茨城県つくば市)
  • [2016.01.12] 南光一樹. 粒子法による流体に対する樹木変形シミュレーション 4.水流に対する樹木変形. 気象環境セミナー (森林総合研究所, 茨城県つくば市)
  • [2015.09.14] 南光一樹. ヒノキ壮齢人工林の強度間伐による林内雨と樹冠遮断の変化. 立地セミナー (森林総合研究所, 茨城県つくば市)
  • [2015.08.10] 南光一樹. 粒子法による流体に対する樹木変形シミュレーション 3.格子ボルツマン法による風況シミュレーションの導入. 気象環境セミナー (森林総合研究所, 茨城県つくば市)
  • [2015.08.06] 南光一樹. 非定常風による樹木変形の経時変化シミュレーション. 樹木の変形や破壊についての研究会 (東京大学日光植物園, 栃木県日光市)
  • [2015.05.27] Nanko, K. Simulation of tree sway and breakage of Japanese black pine caused by temporally changing wind. Eco-Climate seminar in HyARC (Nagoya University, Nagoya, Japan)
  • [2015.05.11] 南光一樹. 林内雨滴と樹冠による雨水再分配. 樹冠遮断会合 (森林総合研究所十日町試験地, 新潟県十日町市)
  • [2015.04.27] Nanko, K. Throughfall raindrops and splash erosion on forest floor with less surface cover. 林業工学研究領域セミナー (森林総合研究所, 茨城県つくば市)
  • [2015.02.05] 南光一樹. 林内雨形成に対するフェノロジーの影響. 第4回分野横断型の水文学研究に関する会合 (森林総合研究所, 茨城県つくば市)
  • [2015.01.13] 南光一樹. 粒子法による流体に対する樹木変形シミュレーション 2.樹木変形の経時変化シミュレーション. 気象環境セミナー (森林総合研究所, 茨城県つくば市)
  • [2014.11.10] 南光一樹. 引き倒し・曲げ破壊に対する海岸クロマツの抵抗特性. 立地セミナー (森林総合研究所, 茨城県つくば市)
  • [2014.09.08] 南光一樹. 粒子法による風・津波に対する樹木変形のシミュレーション 1. 課題の概要. 気象環境セミナー (森林総合研究所, 茨城県つくば市)
  • [2014.06.07] 鈴木覚・後藤義明・岡野通明・南光一樹・竹内由香里. 大雪による森林の冠雪害調査. 大雪災害調査研究成果報告会 (駅南貸会議室KENTO, 新潟県新潟市)
  • [2014.05.08] Nanko, K. Applying a boosting regression tree method to Japan's soil carbon inventory data. 立地環境小セミナー (森林総合研究所, 茨城県つくば市)
  • [2014.01.14] 南光一樹. 日本の森林土壌の炭素蓄積に影響を与える環境因子―機械学習を用いた解析―. 気象環境セミナー (森林総合研究所, 茨城県つくば市)
  • [2013.11.11] 南光一樹. 林内雨滴の形成メカニズムについて. 気象環境セミナー (森林総合研究所, 茨城県つくば市)
  • [2013.11.08] 南光一樹. 全国調査により枯死木・リター・土壌の炭素蓄積の状況を探る. 森林総研研究成果選集発表会 (森林総合研究所, 茨城県つくば市)
  • [2013.09.30] 南光一樹. 立地環境領域での2年と9ヵ月. 立地セミナー (森林総合研究所, 茨城県つくば市)
  • [2012.10.15] 南光一樹. 土壌断面層位の取り分け方による土壌炭素蓄積量の差異. 立地環境セミナー (森林総合研究所, 茨城県つくば市)
  • [2011.11.22] Nanko, K. Overview of Japan's forest soil carbon inventory project. ミニワークショップ (森林総合研究所, 茨城県つくば市)
  • [2011.10.17] 南光一樹. 森林吸収源インベントリ情報整備事業5年間のまとめと今後の解析. 立地環境セミナー (森林総合研究所, 茨城県つくば市)
  • [2011.04.25] 南光一樹. 林内雨の大雨滴が裸地化林床の土壌侵食へ与える影響. 研究室ゼミ (東京農工大学, 東京都府中市)
  • [2010.10.25] 南光一樹. 林内雨の大雨滴が裸地化林床の土壌侵食へ与える影響. 立地環境セミナー (森林総合研究所, 茨城県つくば市)
  • [2010.05.07] 南光一樹. 密植ヒノキ人工林の強度間伐が遮断蒸発・表面流出に与える影響の評価. 平成22年度愛知演習林利用者研究集会 (東京大学愛知演習林, 愛知県瀬戸市)
  • [2010.04.10] 南光一樹. 結の森での降雨流出観測. 結の森報告会 (ウェル花夢, 高知県高岡郡四万十町)
  • [2008.03.03] 南光一樹・恩田裕一・脇山義史・平岡真合乃. 雨滴測定に基づく降雨の侵食能の特徴. 平成19年度陸域環境研究センター年次研究報告会 (筑波大学, 茨城県つくば市)
  • [2008.03.03] 平岡真合乃・恩田裕一・加藤弘亮・伊藤俊・水垣滋・五味高志・南光一樹. 浸透能実測に基づくヒノキ人工林の荒廃度評価の検討. 平成19年度陸域環境研究センター年次研究報告会 (筑波大学, 茨城県つくば市)
  • [2008.03.03] 脇山義史・南光一樹・恩田裕一・平岡真合乃. 土砂箱を用いた異なる土壌での表面流・侵食土砂の測定. 平成19年度陸域環境研究センター年次研究報告会 (筑波大学, 茨城県つくば市)
  • [2008.02.08] 南光一樹. 森林内での土壌浸食は,林外とどのように異なるのか? 地形ゼミ (筑波大学, 茨城県つくば市)
  • [2008.01.07] 南光一樹. LD君による地上雨滴観測結果. COBRA中北第2期科研 2007観測速報会 (京都大学, 京都府宇治市)
  • [2007.07.24] 南光一樹. 樹冠における林内雨滴の形成メカニズムに関する研究―林内雨滴の測定から見えてくること―. 新世代の水文学創造のための実験室 (名古屋大学, 愛知県名古屋市)
  • [2007.04.04] 南光一樹. 雨滴計の紹介とそれを用いた研究展望. 森林水文ワークショップ2007 (九州大学, 福岡県福岡市)
  • [2007.02.26] 南光一樹. 林内雨滴の形成メカニズムへの樹冠構造の影響. 妄想ゼミ (しみず温泉あさぎり, 和歌山県有田郡有田川町)
  • [2007.01.22] 南光一樹. Studies on the process of throughfall drop generation in forest canopies: 樹冠における林内雨滴の形成メカニズムに関する研究. 博士論文審査発表会 (東京大学, 東京都文京区)
  • [2005.05.19] 南光一樹. 表面侵食における雨滴の役割―原理とその測定方法―. 研究室ゼミ (筑波大学, 茨城県つくば市)
  • [2005.03.14] Nanko, K., Hotta, N., Suzuki, M. Surface erosion in mature Japanese cypress plantations and measurement of throughfall raindrops. 日米LTERワークショップ: 森林集水域の生物地球化学と水文学 (北海道大学雨龍研究林, 北海道雨竜郡幌加内町)
  • [2004.12.22] 南光一樹. 林内で雨滴を測定する研究について. 研究室ゼミ (筑波大学, 茨城県つくば市)
  • [2004.02.11] 南光一樹. 林内雨の雨滴粒径分布に与える樹種・気象条件の影響評価とそのモデル化. 田無試験地利用者成果発表会 (東京大学田無試験地, 東京都田無市)
  • [2004.01.31] 南光一樹. 林内雨の雨滴粒径分布に与える樹種・気象条件の影響評価とそのモデル化. 修士論文発表会 (東京大学, 東京都文京区)
  • [2003.03.24] 南光一樹. 林内における雨滴形成機構の解明と雨滴衝撃エネルギーの定量的評価. 田無試験地利用者成果発表会 (東京大学田無試験地, 東京都田無市)
  • [2002.02.12] 南光一樹. レーザー雨滴計を用いたヒノキ人工林における雨滴衝撃エネルギーの検討. 卒業論文発表会 (東京大学, 東京都文京区)
© 2005 Website of NANKO Kazuki