Kazuki Nanko's Web Page (南光 一樹)

現在の所属・職名

国立研究開発法人森林研究・整備機構 森林総合研究所 森林防災研究領域
主任研究員

簡単な研究紹介

専門
  • 森林水文学(雨滴、林内雨、樹冠遮断)
  • 樹木力学、植物バイオメカニクス(樹木の揺れや破壊、風害、樹形)
  • 山地保全学、地形学(土壌侵食、海岸飛砂)
森林と気象・立地(風、雨、土)との関わりについて研究しています
  • 森林に降った雨が、森林の中をどのように通過していくのか?
  • 流体(風・雪・津波など)に対して、森林がどのような力を受けて変形・破壊し、どのように減衰させることで減災機能を発揮するのか?
  • 森林の基盤である土壌がどのように蓄積し、どのように失われるのか?
雨滴の大きさや速さの測定を通して、様々な降水プロセスについて研究しています
  • 雨滴粒径分布や雨滴速度を測定できる、レーザー雨滴計 を製作しています
  • 国内外の様々な場所で降水や雨滴を測定し、雨雪判別や林内雨に特有の雨滴成分の検出などを行っています

詳細は、プロフィール研究内容 を参照

クロマツdripマツ葉に集まる水滴(東京都・皇居) クロマツ植栽海岸林再生に向けたクロマツ植栽(青森県)
土ばかま実生の下部にできた土ばかま(茨城県・千代田) 砂草帯海岸の砂草帯(石川県)

近況

★ニュース ▼イベントや出張


2019.05.10 ★研究成果の広報(海岸クロマツ)

研究成果が、森林総研のウェブサイトで紹介されました。
海岸クロマツの津波に対する耐性を推定


2019.05.06-07 ▼九州大学福岡演習林

研究協力者として参画している科研課題「荒廃針葉樹人工林はどのような過程で環境に悪影響を及ぼしどのように改善できるのか?」の研究推進のために、観測サイトの見学、研究計画打合せ、雨滴計レクチャをしてきました。かなり面白い実験的な観測で、始まる前から結果がたのしみです。


2019.04.26 ★研究成果の広報(樹冠通過雨の分離)

研究成果が、森林総研のウェブサイトで紹介されました。
雨滴のサイズから明らかとなった森林の中で降る雨の違い


2019.04.25 ★帰国報告会

@森林総研。タイトル「国際共同研究強化による海外出張帰国報告会」。8ヶ月のアメリカ滞在の経験を研究所で共有しました。


2019.03.21-23 ▼第130回日本森林学会大会

@朱鷺メッセ(新潟県新潟市)。タイトル「日本の海岸における飛砂量全国マッピングに向けた予測手法の開発」にてポスター発表をしました。防災セッションでは一部で座長を務めました。体調不良でいつもより堪能できなかったのは残念でしたが、想定よりも多くの意見をいただけてよかったです。


2019.03.11-12 ▼JSPS-LEADSNET 事業研究交流会

@アルカディア市ヶ谷(東京都)。JSPS主催の交流会に出席しました。国際共同研究を進めている様々な分野の若手・中堅の研究者と意見や経験談の交換ができ刺激を受けました。


2019.03.03 ★論文受理(45本目)

共同主著論文が Hydrological Processes に受理されました。林内外の雨滴データを使って樹冠通過雨の3成分(直達、飛沫、滴下)を分離する手法を確立しました。

  • Levia, D.F.*, Nanko, K.*, Amasaki, H., Giambelluca. T.W., Hotta, N., Iida, S., Mudd, R.G., Nullet, M.A., Sakai, N., Shinohara, Y., Sun, X., Suzuki, M., Tanaka, N., Tantasirin, C. and Yamada, K. 2019. Throughfall partitioning by trees.
    * These authors contributed equally to this work; we make no distinction between first and second authors
  • 2019.03.03受理、2019.03.08オンライン公開 ●論文

2019.02.20 ★論文受理(44本目)

共著論文が Journal of Agricultural Science and Technology に受理されました。カスピ海周辺のコーカサスブナ天然林の樹冠通過雨の時空間分布を明らかにしました。

  • Dezhban, A., Attarod, P., Zahedi Amiri, G., Pypker, T.G. and Nanko, K. Spatial and temporal variability of throughfall under a natural Fagus orientalis stand in the Hyrcanian forests, North of Iran.
  • 2019.02.20受理、2020.01刊行予定

2019.02.12 ▼海外長期出張の終了

科研国際共同研究強化「垂直構造」の研究推進のための、アメリカ合衆国の長期出張を終えて帰国しました。大変なことも多かったですが、とても充実した8ヶ月の滞在でした。


2019.01.26 ★論文受理(43本目)

主著論文が Wood Science and Technology に受理されました。海岸砂丘地に植栽されたクロマツの津波に対する抵抗を明らかにしました。

  • Nanko, K., Suzuki, S., Noguchi, H., Ishida, Y., Levia, D.F., Ogura, A., Hagino, H., Matsumoto, H., Takimoto, H. and Sakamoto, T. Mechanical properties of Japanese black pine (Pinus thunbergii Parl.) planted on coastal sand dunes: resistance to uprooting and stem breakage by tsunamis.
  • 2019.01.26受理、2019.02.15オンライン公開 ●論文

2019.01.26 ★論文受理(42本目)

共著論文が Journal of Forest and Wood Products に受理されました。カスピ海周辺のコーカサスブナ天然林の霧が樹冠遮断に与える影響を明らかにしました。

  • Dezhban, A., Attarod, P., Zahedi Amiri, G., Pypker, T.G. and Nanko, K. Fog precipitation and rainfall interception in a pure natural beech stand in the Hyrcanian Forests, North of Iran.
  • 2019.01.26受理

2018.12.15 ▼Field excursion and Party

AGUに参加していた知り合い10名(日本人、オランダ人、アメリカ人)を招待し、アメリカで雨滴計測をしているフィールドサイトを案内しました。その後、Levia教授との連名で、Levia教授のお宅で懇親会を開催しました。


2018.12.10–14 ▼2018 AGU Fall Meeting

AGU(@Washington D.C.)でポスター発表をしました。2004年の博士1年の時にタイのチーク林で観測した雨滴データの成仏です。この内容は来年度紙面媒体でも公開予定で、ようやく成仏できそうです。良かった。


詳細は,研究業績(文献)活動履歴 を参照

Copyright © since 2005; Kazuki NANKO Web Page. All Rights Reserved.