menu
Kazuki Nanko's Web Page (南光 一樹)

現在の所属・職名

国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所 森林防災研究領域
主任研究員

簡単な研究紹介

専門
  • 森林水文学(雨滴、林内雨、樹冠遮断)
  • 樹木力学、植物バイオメカニクス(樹木の揺れや破壊、風害、樹形、林形)
  • 山地保全学、地形学(土壌侵食、海岸飛砂)
森林と気象・立地環境(特に風・雨・土)との関わりについて研究しています
  • 森林に降り注いだ雨が、樹冠内をどのように通過していくのか?
  • 流体(風・雪・津波など)に対して、森林・海岸林がどのような力を受けて変形・破壊し、どのように減衰させることで減災機能を発揮するのか?
  • 森林の基盤である土壌がどのように蓄積し、どのように失われるのか?
雨滴の大きさや速さの測定を通して、様々な降水プロセスについて研究しています
  • 雨滴粒径分布や雨滴速度を測定できる、レーザー雨滴計 を製作しています
  • 国内外の様々な場所で降水や雨滴を測定し、雨雪判別や林内雨に特有の雨滴成分の検出などを行っています

詳細は、プロフィール研究内容 参照

クロマツdripマツ葉に集まる水滴(東京都・皇居) クロマツ植栽海岸林再生に向けたクロマツ植栽(青森県)
土ばかま実生の下部にできた土ばかま(茨城県・千代田) 砂草帯海岸の砂草帯(石川県)

最近の成果


論文: 樹冠遮断量を精確に測定するには転倒ます雨量計の補正が必要である
  • Iida, S., Levia, D.F., Nanko, K., Sun, X, Shimizu, T., Tamai, K. and Shinohara, Y. Correction of canopy interception loss measurements in temperate forests: a comparison of necessary adjustments among three different rain gauges based on a dynamic calibration procedure. Journal of Hydrometeorology 19: 547–553
  • 35本目。公開・発行済。 ●論文
  • 2018.03.12発行、2018.02.15ウェブ公開、2018.02.06受理

論文: 樹幹流による土壌中放射性セシウムのばらつき
  • Imamura, N., Levia, D.F., Toriyama, J., Kobayashi, M. and Nanko, K. 2017. Stemflow-induced spatial heterogeneity of radiocesium concentrations and stocks in the soil of a broadleaved deciduous forest. Science of the Total Environment 599–600: 1013–1021.
  • 34本目。公開・発行済。 ●論文 ●研究所広報
  • 2017.12.01発行、2017.05.12オンライン公開、2017.05.02受理

論文: 日本全国での土壌炭素の分布を決める要因は何か?
  • Nanko, K., Hashimoto, S., Miura, S., Ishizuka, S., Sakai, Y., Levia, D.F., Ugawa, S., Nishizono, T., Kitahara, F., Osone, Y. and Kaneko, S. 2017. Assessment of soil group, site and climatic effects on soil organic carbon stocks of topsoil in Japanese forests. European Journal of Soil Science 68: 547–558
  • 33本目。公開・発行済。 ●論文 ●研究所広報
  • 2017.07.13発行、2017.06.09オンライン公開、2017.04.21受理

論文: 林内雨滴研究の総説
  • Levia, D.F., Hudson, S.A., Llorens, P. and Nanko, K. 2017. Throughfall drop size distributions: a review and prospectus for future research. Wiley Interdisciplinary Reviews: Water 4: e1225.
  • 32本目。公開・発行済。 ●論文(オープンアクセス) ●研究所広報
  • 2017.06.26発行、2017.05.09オンライン公開、2017.04.01受理

詳細は,研究業績(文献) 参照

近況(最近2ヶ月くらい)


2018.06.11 ~ 2019.02.12(予定)

▼科研国際共同研究強化「垂直構造」の研究推進のために、アメリカ合衆国に長期出張します。滞在先はUniversity of Delawareが主で、University of Colorado, Colorado springsにも短期滞在します。



2018.05.17

●科研基盤B「風由来」のキックオフミーティングを開催しました。参画者の顔合わせ、全体の研究計画調整、今年度の計画について確認しました。議論や意見交換が活発に行えて、良いチームを組めたなあと嬉しく思いました。成果につなげます。


2018.04.12

EGU General Assembly 2018に参加してきました。3件の代表発表(ヒノキ樹冠通過雨の侵食能、海岸飛砂全国マップ、人工降雨実験による樹冠通過雨の雨滴動態)と、5件の共著発表がありました。スケジュールの関係で2日間しか会場にいられませんでしたが、Co-Convenerの初体験、ドイツの林内土壌侵食関連研究者との議論や雑談、共同研究者との議論や雑談ができ、充実しました。


2018.04.02

★「日本語の卒論を英語の投稿論文に仕立てた経験談」のスライドを公開しました。3月末の森林学会での発表内容を一部修正したものです。皆の役に立つかはわかりませんが、一つのケーススタディとして公開することにも意味があると考えています。
はじめての論文


2018.04.01

★科研基盤B「風由来の環境ストレスの実態解明に基づく海岸林の地形・林冠の動態モデルの開発」が採択されました。自分が研究代表で分担者を擁するのがはじめての課題になります。良い成果が出せるようにがんばります。楽しみです。


過去の近況は,活動履歴 参照

Copyright © since 2005; Kazuki NANKO Web Page. All Rights Reserved.